そのテストをすると誰が幸せになるの?

今年も始まりました。アドベントカレンダー 2019 ソフトウェアテストの小ネタです。なそです。

今回は、マインドセットです。みんなで考えてみませんか?

そのテストをすると誰が幸せになるの?

って考えたことありますか?
テストを行うことで「できること」と「できないこと」を確認することができます。その1つのテストで誰がどう幸せになるんでしょうか?

  • これができないとユーザーさんが買い物できなくなる
  • 間違えた買い物をしてしまう etc……

対象はユーザーだけでしょうか?作った人は安心しますか?自信を持ってリリースしてもらえますか?

テストはCheckingとTestingに分けられると言われますが、どちらも重要です。
テストは網羅的にやるべきですが、無駄は省くべきです。

とはいえ、それが無駄であると説明できたら苦労しないんですけどね。
じっくりと考えて誰に価値を届けたいのか考えてみませんか?

以上、簡単ですが「なそ」がお送りしました。